古くて珍しい物があれば、ぜひ骨董品買取店に

実はあなたの家にお宝が眠っているかもしれません。

一度物置や押し入れを整理してみてください。

というのも、価値の高い骨董品は、必ずしもお金持ちの人が大事に置いている絵画や茶道具だけを指すのではないからなんです。

そもそも「骨董品」という言葉に「高価な物」という意味はないのです。

本来の骨董品の意味は、「珍しい古美術」や「珍しい古道具」です。

つまり、骨董品のポイントは、「珍しいこと」と「古いこと」であり、とくにもともと高価だったものが骨董品と呼ばれているわけではありません。

そのため、昔はどこにでもあったような物でも、現存していれば骨董品となるのです。

たとえば庶民が使っていた食器や生活用品なども、大切に保管されていれば価値がつく可能性もあります。

ただ、珍しくて古いだけでは、高い価格はつきません。

それは「単なる骨董品」です。

しかし、驚くほど高い価値がつくものもありますよね。

それはどういう場合なのでしょうか?骨董品に高い価値がつくケースは、「珍しくて古い」に加えて以下のケースが証明できる場合です。

有名な歴史背景を持っている、制作当時の時代の様子を示している、優れた技術で作られている、著名作家が制作している、ファンが多いなどなど。

つまり、高い価値の付く骨董品は、「珍しいこと」、「古いこと」、「付加価値があること」をクリアしたものだと考えることができます。

ただ、「付加価値があること」については、よほど有名な物でない限り、素人では判断することはできません。

やはり骨董品買取店のプロでなければ判断できないものがほとんど。

なので、もしあなたの家に骨董品があるのであれば、ぜひ骨董品買取のマルミ工藝社で鑑定してもらいましょう。